本文へスキップ

埼玉県発明協会は、特許・実用新案・商標・意匠の出願をお考えの方のために、弁理士による相談会を開催しています。

TEL. 048-645-4412

月〜金曜日(祝日・年末年始を除く)

埼玉県児童・生徒発明創意くふう展

平成25年度埼玉県児童・生徒発明創意くふう展

この展覧会は、次代を担う青少年に発明創意工夫を奨励して、創造する喜びを体得させ、活力と創造性豊な人間形成を目指すとともに、科学技術教育の振興に資するために開催するものです。
平成25年度 受賞作品(全国学生児童発明くふう展に推薦の作品)の紹介  (敬称:略)
第72回全日本学生児童発明くふう展開催の概要
主催:公益社団法人発明協会
審査:書類審査の結果、選考された作品のみ実物審査を行い賞が決まります。
   実物審査の作品提出は平成25年12月中旬です。
表彰:〇恩賜記念賞(1点)
   〇特別賞(内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞、特許庁長官賞、
   発明協会会長賞(3点以内)、日本弁理士会会長賞、NHK会長賞、毎日新聞社賞、
   毎日小学生新聞賞、科学技術館賞、WIPO(世界知的所有権機関)賞)
   〇奨励賞(約20点)
   〇入選(約120点)
   〇学校表彰(豊田佐吉賞):恩賜記念賞受賞者の在学校を表彰します。
発表:書面により、在籍学校等から応募者に通知します。
表彰式(予定):平成26年3月下旬・東京
展覧会(予定):平成26年3月下旬・東京

埼玉県知事賞  
 伊藤美桜 <とびこえ防止クリップ>
 久喜市立青葉小学校 6年 
考案の動機(抜粋)
母の手伝いで輪切りをしたとき、切った野菜が包丁を超えて反対側に来て、半円になったり手でどけながら切ることになったりして、とてもたいへんだったので、もっと楽に切れたらと考えた。
説明(抜粋)
きゅうりを切る時に、切ったものが包丁をとびこえ、反対側にたおれてきたり、倒れたきゅうりを再び切ってしまうことがあったりしたが、倒れてこなくなったので、とても切り易くなった。

公益社団法人発明協会会長奨励賞 
 神 希海
 <上からも下からもカーテン> 蕨市立東中学校 3年
考案の動機(抜粋)
一般的なカーテンよりも、風や太陽の光を自在に調節しつつ、外からの視線を遮ったり、風景をとり込んだりできるようにするため、このカーテンを発案しました。
説明(抜粋)
作品右の茶色のひもで、カーテンの高さを調節することができます。カーテンの真ん中のひもでカーテンの縦幅を調節することができます。右のひもをゆるめ、真ん中のひもをしぼれば、窓の下半分だけを覆うことが出来、外からの視線や、太陽の強い光を遮ることができます。その状態から、今度は横のひもをゆるめたら、今度は上半分を覆うことができます。

埼玉県教育委員会教育長賞 
 曽根慎侍朗
 <衛生歯ブラシスタンド・逆立ち君>  川越市立古谷小学校 5年
考案の動機(抜粋)
歯みがきしたあと、水滴がブラシのえにたれてきて、汚くなるのがいやで考えました。テレビで外国の医師が注射のキャップをスポンジのようなものに刺しているのをみて思いつきました。
説明(抜粋)
@筒型のスポンジを上向きにして歯ブラシを刺す。A筒型のスポンジを反転、下向きにして歯ブラシについた水てきを下に落とす。歯ブラシの水てきでえが汚れることがなくなり、刺して反転させる動きがおもしろいので、歯みがきが楽しくなった。。

埼玉県教育委員会教育長賞 
 渡邉瑠那 
<お皿につけるスプーン置き> 鶴ヶ島市立杉下小学校 5年
考案の動機(抜粋)
お皿の中にスプーンやフォークを立てかけるとすべてお皿の中へ落ちてしまうことがあるので、落ちない方法はないかと考えました。
説明(抜粋)
器につけることでスプーンやフォークの他にも、はし、レンゲ、お玉など様々なものに使用できる。ゴムなので形が変形しやすく、どんな器にでも使用できる。ゴムでできているので、多少傾けても動いても安定している。お皿に置き場ができるので、料理の汁などで他の場所を汚さない。計上が単純で、洗い安く清潔に保てる。

埼玉県教育委員会教育長賞 
 中内俊太
 <おたすけカバー> 桶川市立桶川西中学校 2年
考案の動機(抜粋)
僕のおばあちゃんは、あまり手足が動きません。そこで僕は「何は役に立つ物は無いかなあ」と思い、トイレで使える「おたすけカバー」を作りました。
説明(抜粋)
木の棒を切り、取っ手を作った。トイレットペーパーが傷つかないように、ひもでふちを編んだ。型崩れしないようにプレートを内側につけた。木の棒を上にひっぱり、新しいトイレットペーパーに交換することができる。

埼玉県教育委員会教育長賞 
 深澤隼平
 <ブックエンドが回る本棚> 熊谷市立玉井中学校 1年
考案の動機(抜粋)
普通の本棚だと少ない冊数の場合、ブックエンドがないと倒れてしまっていた。そのため、ブックエンドがなくても本が倒れないような本棚を作りたいと考えた。床が全て回ってブックエンドになったらおもしろいと思い作成してみた。
説明(抜粋)
本棚の底板が34枚の板で、できていて回転する。本をまとめたい所に合わせて下の板を前に回転させブックエンドにする。下の台が回ってブックエンドになり、自由な幅で本をまとめられるようになっている。どの場所でも、本がきちんと立てられる。種類ごとに本を区切ることもできる。

埼玉県産業労働部長賞 
 池田和弥
 <ドラペン> さいたま市立与野東中学校 2年
考案の動機(抜粋)
ドライバーを使ったあと、メモを取りたいと思うことがよくあるので、ボールペンの中からドライバーが出てきたら便利だと思い、製作した。
説明(抜粋)
見た目は普通の3色ボールペンですが、@プラスドライバーAマイナスドライバーBボールペンになっている。3色全てドライバーにせず、ボールペンを残したため、大変便利に使える。

埼玉県産業労働部長賞 
 山ア悠貴
 <棒でいいガード〜生クリームとソースを守ります〜> 行田市立行田中学校 1年
考案の動機(抜粋)
お皿に移したケーキやハンバーグなどにラップをかけると、大好きな生クリームがラップについてしまいます。そこで、生クリームやソースがラップにつくことを妨げればいいと思い、この棒を考えました。
説明(抜粋)
お皿への装着する部分をクリップにし、簡単に取り外しができる様にしました。お皿にケーキなどを置き、この作品を装着した後、ラップをかけます。つくりが単純で簡単に洗うことができるので衛生的です。プラスチック素材なので、電子レンジの使用もできます。

埼玉県発明協会会長賞 
 佐藤旦沙
 <コロコロスプーン> さいたま市立田島小学校 4年
考案の動機(抜粋)
だれにとっても使いやすいスプーンを作ってみたかったです。起き上がりこぼしを見て、食べている途中でスプーンがテーブルにつかないようにできると思って作りました。
説明(抜粋)
使い方を考えて、いろいろな大きさのスプーンを作りました。スプーンの大きさに合わせてカプセルとピンポン玉を使い、まっすぐに起き上がるようにねんどやシリコンをつめて安定させました。だれにとっても使いやすい上に、口に入る部分がテーブルにつかないので、えいせい面でも安心できる作品になりました。

埼玉県発明協会会長賞 
 井島佑人
 <時間を変えられる砂時計> 志木市立宗岡第三小学校 6年
考案の動機(抜粋)
売られている砂時計は3分のものが多いが、他の時間も測りたいと思った。測りたい時間に合わせていくつも砂時計を用意するより、1つの砂時計で測ることができたら便利だと思った。
説明(抜粋)
コックをつけて出る砂の量を変え、時間が変わるようにした。誤差が出にくいようサラサラの砂を使った。キッチンタイマーで何度も時間を計った。1つの砂時計で3種類の時間を測れるようにした。

埼玉県発明協会会長賞 
 川上海太郎
 <ばあちゃんぬげないよ「スリッパぴったりベルト」> 上尾市立原市小学校 4年
考案の動機(抜粋)
家族で温泉に行き旅館でスリッパをはいたが、祖母のスリッパが脱げそうになり、特に階段ではつまずいて転倒するのではないかとひやひやした。
説明(抜粋)
足首とスリッパをゴムベルトで固定し、階段でもスリッパが脱げず、特にお年寄りの転倒防止に有効。どんなスリッパや足首の太さにも対応できる。軽くて小さいので、持ち運びしやすい。スリッパが脱げず、転倒を防止できる。ベルトなので、装着時にバランスを崩すこともない。

埼玉県発明協会会長賞 
 山本和奏
 <楽しくおそうじ!4wayおそうじ棒> 本庄市立中央小学校 3年
考案の動機(抜粋)
お金を使わず、ペットボトル、ペットボトルのキャップ、ラップの芯、空き箱、使用済みのストッキングなどの廃材を使用して、楽しくお掃除が出来る道具を作りたかった。組み立て式なら、片付けする時に収納する場所もとらない。ホコリでのアレルギーも防げるので、病気の人にも安心。
説明(抜粋)
@ハエ取り棒 Aはたき棒 Bちりとり棒 C床拭き棒 @〜Cまでの棒は、各種に棒をセットするだけで使用出来るすぐれもの!可動式なので、好きな長さに出来る。

埼玉県発明協会会長賞 
 川アみのり
 <暗記メガネ> 蕨市立東中学校 3年
考案の動機(抜粋)
テスト勉強など、赤シートを使って勉強する際、赤シートだけでは隠される範囲が限られているし、少しずつ赤シートをズラしながら勉強するのは不便だなという気持ちからこの作品を思いつきました。
説明(抜粋)
特徴は、レンズの左側が赤シート、右側が赤セロハンになっていて、セロハンの方をめくり上げることでメガネをはずさなくても答えの確認が可能なことです。「暗記の勉強をしたい時、このメガネをかける」という単純で簡単な使い方です。

NHKさいたま放送局長賞 
 佐藤歩実
 <転ばぬ先の盾> 白岡市立篠津中学校 2年
考案の動機(抜粋)
父はいつも食器洗いをするときにはエプロンをしないので、洗っているときに水がはねてしまい、服のお腹の部分が濡れてしまいます。そんな父の姿を見て私は、簡単に準備ができて服も濡らさずに食器洗いができるものがあればいいなと思い、このアイディアを考案しました。
説明(抜粋)
洗い物をするときのみ上に引き上げ、普段使わないときには下に下げて収納しておくことができます。また、取り付け方法が吸盤のため必要に応じて取り外しが可能で、シンクとの間に隙間ができ、カビなどを防ぐことができます。

テレ玉賞 
 沖 龍一
 <BAG BACK(バッグが戻ってくる)> 越谷市立栄進中学校 1年
考案の動機(抜粋)
最近ニュースでひったくりの被害数が年々増していることを知り、なにか防犯につながる物が作れないかと思いました。
説明(抜粋)
ひったくられても、ワイヤーが最大70cmまでのび防犯ブザーが鳴ります。デザインよし、見ためよし、重さはなんと100グラム。自転車のかごにも取り付けOK。本体は写真の様にきちんと取り付けます。ちなみに、ベルトは2段階の調節可能です。

埼玉新聞社賞 
 鈴木夢巳
 <ひっぱり口>  戸田市立笹目中学校 1年
考案の動機(抜粋)
牛乳パックがたまにあけらずらかったり、うまくあけられない時があったので、あつ紙をつけて開けやすいようにしました。
説明(抜粋)
あつ紙をつけた結果、すごく楽にかるく開けることができるようになりました。

一般社団法人埼玉県商工会議所連合会会長賞 
 田中皐聖
 <ヒヤット・ピタット・ハイ・できた!> 川越市立芳野小学校 5年
考案の動機(抜粋)
熱が出た時に首うら、脇の下の3ヶ所冷やしたいが寝ているうちに動いてずれてしまう。
説明(抜粋)
平ゴムを背中側にして輪の中に入り、保冷剤を首うら、脇の下に合うように当てれば完成です。どんな体型の人にも使える。

埼玉県商工会連合会会長賞 
 安原深騎也
 <ポケット置き傘> 朝霞市立朝霞第五中学校 1年
考案の動機(抜粋)
以前、置き傘の袋を無くしてしまい、困ったことがたびたびありました。周りにも聞いてみると同じ経験をした人がたくさんいることがわかりました。そこでこのような傘が生まれれば、傘袋を無くす人がいなくなると思い、製作しました。
説明(抜粋)
@傘の内側にポケットをつけました。A傘の袋をポケットに入れると無くなりません。B取り外しができて洗えます。衛生面でもパッチリです。

埼玉県中小企業団体中央会会長賞 
 福島孝規
 <行ずれせずに読める虫眼鏡> 春日部市立豊野中学校 2年
考案の動機(抜粋)
親戚に行ったとき、祖父が「虫眼鏡」で新聞を読んでいました。祖父が途中で行を間違え、読む行がわからなくなって、「読みにくい」呟いていたことを想い、虫眼鏡に線がついていれば、読みやすいのではと考え、製作してみました。
説明(抜粋)
@縦読み横読みが出来るように、シートが移動でき取り外しできるようしました。Aシートが落ちないように、グルーガンのホットボンドを使いシートが支えられるように工夫しました。B虫眼鏡の持つ角度によって、線の角度を合わせられるように、支えを何ヶ所も作り工夫しました。

バナースペース

一般社団法人 埼玉県発明協会

〒330-8669
さいたま市大宮区桜木町1丁目7番地5 
ソニックシティビル9階 

TEL 048-645-4412
FAX 048-645-2339
E-mail. hatsumei@jiii-saitama.jp